SHINICHI
AKIMOTO
秋元 伸一
生活支援員(社会福祉士)
スタッフと利用者が共に歩める環境
それがこの仕事の魅力です。

介護の仕事に就きたいと思ったきっかけ・ディアフレンズを選んだ理由は?

幼いころに特別支援学校を訪れた経験から、障害のある方とのふれあいに興味を持ったことがきっかけです。その後大学で社会福祉を学び、大学3年次に当法人で実習を行ったことで、障害者の暮らしを身体・精神・環境面など多角的・包括的にコーディネートする仕事に就きたいと思うようになりました。「ディアフレンズ美浜なら、さまざまな視点から障害者をサポートできる」と考え、入職を決めました。

仕事のやりがいを教えてください

当法人はさまざまな事業を展開しており、私は現在生活介護事業所で生活支援員として勤務しています。主な職務は、利用者様の送迎、食事、入浴などの介護業務や、手芸、音楽、園芸などの日中活動です。

利用者様としっかり向き合うためには、私たちが一人ひとりの身体・精神・環境面などの変化を見抜き、ニーズを汲み取っていく必要があります。当法人には相談員、看護師、理学療法士、作業療法士などさまざまな専門職が在籍しており、多様な視点から利用者様のニーズに向き合えることが強みです。そして、そのニーズの変化に対応し、より良い支援方法を見出だせたときは、利用者様の暮らしが充実するだけでなく、私たちスタッフの知識・技術も向上していきます。スタッフも利用者様と共に歩んでいく「交互作用的・双方向的関係」であることがこの仕事の魅力の一つだと考えます。

未来の仲間へメッセージ

対人援助職として、さまざまな壁にぶつかり悩むこともありますが、先輩方も気軽に相談に乗って、一緒に考えてくれます。また、福祉に携わったことがない方でも、自分の得意なことを活かした日中活動を通じて利用者様との関わりを築けます。利用者様のため、スタッフのために「もっとこうしたい、やってみたい」という意思を真摯に受け止めてくれるので、個人の意見を発信しやすく、同時に「責任感」を培える職場だと思います。

利用者様一人ひとりの人生を豊かにするお手伝いを一緒にしていきませんか。

採用情報